コンサルロケッツ STATION

  

  

こんにちは。ロケッツ4号機です。
  

さて、今回は実際に自分が実践している
「ブログのネタに困った時」の思考法と、便利ツール
をご紹介します。
  

自分も定期的にこのロケッツブログを更新しながら
毎回毎回「ネタ、ねえなあ」「なに書けば良いもんだか・・・」と思いつつ
毎度ネタを絞り出しています。
  

けれど、ネタは案外身近なところに落ちているもの。灯台下暗し。
そんな足元を照らすための「思考法」を身につければ
これでブログネタに困ることもない!かも!?
  
  
  
  

ブログネタに困ったときの「思考法」

  

自分の「趣味」を追求してみる

これは定番。自分の趣味をブログに書き綴る方法です。
音楽やスポーツ、読書、アニメ、ドラマ、何かのコレクションなど自分の趣味についてのネタならさほどネタ切れの心配なく安定して書き続けることができます。
ただしデメリットとして、アクセス数を気にするのであれば、あまりにマニアックな趣味や話題は避けたほうが良いかもしれません(アクセス数を気にしなければどんどんマニアックに書くとマニアックな繋がりが出来るかも!?)。
また趣味ブログは「モチベーション」を維持することが意外に難しいもの。書き続けることでの自身への「メリット(忘備録・情報の整理/追求・友達づくり等)」を意識しながら書くと良いかもしれません。

  
  

直近1週間の「行動」を振り返ってみる

「ブログネタないかな〜」と考えている時のアナタは、だいたい遠い目でアサッテの方角を見つめています。
そうではなく「直近1週間の行動」を振り返ってみましょう。
どこかに出かけた・誰かと会った・こんな会話をした・あんなことを考えた・あのテレビ番組を観た・これが出来て嬉しかった・そういえばトラブルがあった・・・
毎日が単調でどれだけ退屈だったとしても、何かしら考え、なんらかの行動をしているハズ。
あなたにとって些細なことが、実は他人にとって「驚きのネタ」だったりするものです。

  
  

「時事ネタ」からインスピレーションを受けてみる

困ったときの「時事ネタ」。これも定番。
Yahoo!ニュースやその他ニュースサイトで気になる記事をピックアップして、自分の見解を述べるスタイルです。
時事ネタは毎日、毎時間更新されているのでネタが尽きることもなく、また話題のネタにはアクセスが集中しやすく一石二鳥。
しかし、これも趣味ネタ同様「モチベーション」を保つのが難しいブログのスタイルです。本当に興味のある時事ネタであれば問題ないのですが、アフィリエイト目的のブログの場合、自分の興味よりも「世間の興味」を優先したほうがアクセスを稼ぐことができるため、それを優先して記事を書き続けなければなりません。興味のない内容について調べることや、ブログを書くことそれ自体が次第に「苦痛」に感じてしまうことも。
しかし、書き続けるうちに興味が湧いてくることも「無きにしも非ず」。案外、知識や見識を深めるキッカケになるやもしれません。

  
  

パッと思い浮かんだ「言葉」を掘り下げてみる

「ブログネタないかな〜」と考えている時のアナタは、だいたい遠い目でアサッテの方角を見つめています。
アサッテの方角を見つめ続けているうち、ふと何らかのインスピレーションを受け「これだ!」と思うこともたま〜にあるでしょう。
たとえば「そういえば乾電池って最近使うことなくなったな」とか。
みなさん。乾電池って昔ほど使う機会、減りましたよね?ミニ四駆やゲームボーイで遊んでいたあの頃、わたしたちの想い出の側にはいつも「乾電池」がありました。
あれあれ?なんだかエモい記事が書けそうですね!と、こんな感じで話題を広げてみれば、これも立派なブログネタ!

  
  

日頃の「疑問」を思い返してみる

「私には私の地獄があるし、あなたにはあなたの地獄がある」(TBSアナウンサー宇垣美里さんの名言)。
さいきん宇垣アナの闇の深さに好印象のわたしですが、それはさておき「私には私の疑問があるし、あなたにはあなたの疑問がある」というのは世の定理です。
ひとは、だれしも「疑問」を抱えているもの。学校や会社で「なんでアレはこうなってるんだろう」「どうしてコレはああしないんだろう」と感じることありますよね。
そういった「疑問」から話題を広げてみると、他人とは異なった「独自性の高い」ブログを書くことが出来るかもしれません。たとえば学校だと「どうして髪を染めると怒られるのだろう」、会社だと「どうして事務員の私まで始業前にラジオ体操しなきゃいけないんだ」など、身の回りには「疑問(ネタ)」が尽きないものです。
そして実は、こうしたあなたの「疑問」に共感してくれる読者も結構いるものです。

  
  
  
  

ブログネタ探しに役立つ「便利ツール」

  
  

文章作成系ツール

ブログ作成支援 ブログタイトルからヒントをつかもう


  
キーワードを入力すると自動でブログのタイトルを考えてくれます。
例えば「愛」と入力すると・・・
「本当は恐い家庭の愛」「ライバルには知られたくない愛の便利な使い方」「本当は愛なんて欲しくなかったんです…何故って?」など、意味深なタイトル(ネタ)を提案してくれます。
http://tools.256web.net/free/blog/

  

Articoolo(アーティクール)


  
こちら有料ですが、ある単語を入力するだけで記事を自動で作成してくれるサービスです。
日本語はベータ版となっております。サンプルで一部のみ記事が確認できますが、実際に買うか買わないかは・・・あなた次第!
https://articoolo.com/

  

イージー★ライター


  
あらかじめ提示されたテンプレートをもとに文章を書いていくだけで「それっぽい」ブログ(セールス文章)を書くことができるツールです。
なんだかサイトからえも言われぬ感じが漂っていますが、意外にしっかりしています。
https://ds.moshimo.com/ds/shop/service/ew

  
  

キーワード支援系ツール

kizasi.jp(キザシドットジェーピー)


  
キーワードを入力すると、その関連語を提案してくれるツール。
毎日ブログエントリを収集して約10分ごとに時系列で解析しているそうです。
http://kizasi.jp/labo/keygram/keygram.py/

  

ついっぷるトレンド[ホットワード]


  
おなじみ「ついっぷるトレンド」のホットワード機能です。
いま旬のネタをキーワードとして閲覧することができます。
https://tr.twipple.jp/hotword/

  
  

天下のグーグル先生

GoogleTrends


  
もはや定番のGoogleTrendsですが、やはり便利。
キーワードの関心度(検索ボリューム)やその比較、関連語などを(あくまで簡易的ですが)確認することができます。
アクセスを集めたいブログを書く際は必須です。
https://trends.google.co.jp/trends/

  

Googleニュース


  
こちらも説明するまでもなくお馴染みのGoogleニュース。
時事ネタを書く際には、Yahoo!ニュースとあわせてこちらも要check!
https://news.google.com/

  
  

おまけツール

自動要約ツール(User Local)


  
文章(ブログ)の要約を自動でおこなってくれるツール。
meta系の文章(descriptionなど)はこれでササっと作っちゃいましょう!
https://text-summary.userlocal.jp/

  

テキストマイニングツール(User Local)


  
文章の「単語」を抽出し、それらの関連性をマップとして確認することができます。
ブログを書くにあたって直接使用することは少ないかもしれませんが、自分の書く文章のクセや内容の偏りなどを把握することができて、案外おもしろいです。
https://textmining.userlocal.jp/

  

音声合成デモンストレーション(株式会社エーアイ)


  
文章を読み上げて(音声合成)くれるツールです。
男女別や老若男女、さらには感情表現のレベル、そして標準語/関西弁など実にいろいろなパターンが楽しめるので、ついついハマってしまいます。
https://www.ai-j.jp/

  
  
  
  

まとめ

いかがでしたか?
ブログを書き続けるというのは、案外「努力」が必要です。
その大きな障壁は「ネタがない」こと。
けれども、ここで紹介した思考法やツールを活用すれば、たぶんネタに尽きることはないでしょう。
  
そしてネタ以外にも、ブログを書くことで「大切にしたいこと」があります。それは・・・
  
1:自分の「好き」「直感」を信じてみる
2:感性の「アンテナ」を張っておく
3:ブログ執筆を「習慣化」する
  
この3つの事柄をベースに、なにより「楽しく」ブログを書くことが「書き続けること」への意欲になるはずです。
それでは、みなさん楽しいブログライフを!

  
  

僕はこれから録画していた「探偵ナイトスクープ」を観なければいけないので、
これで失礼します。

  
  
  
  

コンサルロケッツのクライアント一部実績

  • 小樽洋菓子舗ルタオ
  • 三輪山本
  • 榮太樓商事
  • エーモン工業社
  • シーガル
  • Puravida-プラヴィダ
  • 三恵
  • サリープライズ-SALLY PRIZE-
  • 神戸ぐりる工房
  • アンティークそっくり市場
  • トランスレーション
  • スイーツファクトリー スリーズ
  • 男のおかず屋
  • ウェップス
  • おはりばこ
  • CRASH
  • dot store
ページの上へギュイーンと!