コンサルロケッツ STATION

んちゃ!五号機です!

先日futureshopさん開催セミナー『E-COMMERCE MEETS LINE.』に参加してきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ECの戦略はプロモーション戦略からコミュニケーション戦略へ」
 

をテーマに、LINEをとりまく環境やEコマースにおけるLINEの重要性、
またLINEのOfficial Web Appの可能性に、ECのさらなる発展について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは本当に参加してよかったです・・・!
 

以前もブログで、futureshopとLINEアカウントが連携可能になった件について
 

触れたことがありましたが…
全然わかってなかったな…ごめんなさい。。
http://c-rocketz.com/ec/ecpost-399.html

 

このセミナーではたくさんのことを学べたので、
とても1記事じゃまとめられないよう!ということで、
何回かに分けて細々書いていこうと思います。
 

今回はその第一弾ということで、
そもそもなぜ今ECでLINEが注目されているのか?
という導入のところをば。
(文字ばっかりです。ごめんなさい)
 

▼まずはこちらをご覧ください!
スマホとアプリの仕様状況を数字で見てみると
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・スマホの消費時間の72%はアプリの仕様時間
・1ヶ月に10個以上使われるアプリ(普段使いされる)は平均9個
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

この数字から見えるのは、
普段使うアプリはほとんど固定されていて、
新しいアプリをダウンロードして、長く使ってもらうのは難しい、ということ。

 

一時期自社サイトのアプリを作ることが流行っていましたが
いまいち普及しなかったのはこの背景があると考えられます。

つまり、ECにおいても、普段使われているアプリと連携させていったほうが
使い勝手がいいということが見えてきます。

 

そこで出てくるのが「LINE」です!
いまや20代〜50代のLINE利用率は約90%と言われています。

 

(最近の10代の子はPCがあまり使えない子が多いとか…
そんな世代が大人になったら、と考えたら・・・ちょっとがくぶるです。)

 

脱線しました。

さて、

 

そんなLINEをECの販促に使わない手はない!ということですね。
LINEマーケティングの特徴は何と言っても「無視されにくいこと」
通知のところに入っていたらたしかに見ちゃいませんか…?

 

最初は実店舗限定で始められたLINE@のサービスが
たしか2015年頃に実店舗を持たないECサイトなどにも開放されてから、
販促ツールとしてすでに多く活用され始めています。

 

これまで販促の代表といえばメルマガでしたが
LINEの送客率を比較して見ると・・・
 

ーーーーーーーーーーーーーーー
【メルマガ】
・平均開封率:10〜20%
・クリック率:2〜3%
 

【LINE】
・平均送客率約30%
ーーーーーーーーーーーーーーー

 
!!
 

この数字には衝撃でした!!

 

メルマガなんて、書くのに最低30分くらいかかるのに、
LINEの配信なんてものの10分くらいです。
 

・作るのが簡単!
・効果が早い!
・送客率が高い!
 
これがLINEの大きな特徴じゃないでしょうか。

 

ただ、送る側からするとお手軽で都合がいいですが、
届く側のことに配慮しないとブロックされるのもまた簡単なので、
配信回数には気をつけないといけません。
 

一応目安としては、
・月2回くらい
・多くても月4回
がいいそうです。

 
ただし、配信回数が多くなっちゃっても、
SALEとかお客様にとって有益な情報だった場合は
ブロック数がそこまで増えなかったという声もありました。

 

メッセージ配信だけじゃなくて、
タイムライン投稿も合わせて織り交ぜていけばよさそうです。

 

自社サイトをお持ちの店舗さんには
今後LINE@の活用の提案もどんどんしていきたいなとメラメラ燃えた5号機でした…!

 
すでにLINEの運用をお手伝いさせている事例もありますので、
そういったご相談もお待ちしております!
 

「で、お友達ってどう増やすのさ?」
「結局futureshopとの連携で何ができるのさ」

 
ってところまでたどり着けなった。。。
けどとりあえず今日のところはこのあたりで!
 

あ、メルマガもメルマガで利点はあるので、
それを全くやめていこう!という話ではないです。

 

それでは、今日はこの辺で。
ばいちゃ〜

ページの上へギュイーンと!