コンサルロケッツ STATION

どうも。ロケッツ壱号機です。

なんと珍しい、2連チャン。

仕事してる証拠です。

 

ということで、今日は気になる楽天市場のペナルティ(違約金)問題について。

たしか、2016年の10月頃から始まったペナルティ制度。

ぶっちゃけこれってどれくらいのお店が罰金払ってるんだろう・・。

と密かに気にしていました。

 

もしかして、めちゃめちゃ多くて新たな楽天の収益源になってんちゃうのと

本気で思ってまして・・。

 

と、その前にじゃあコンサルロケッツでお付き合いある店舗さんで

罰金食らった所があるのか・・。と言うと・・。

なんと・・。実際にあるんです・・。

ちなみに、違反には点数が決まっているみたいで

スクリーンショット 2017-02-01 0.29.58

こういう感じです。一番軽くても・・違約金10万円。

マジか・・。てか、この10万円は楽天的にはどう処理するんだろう・・。

売上なのかな・・。

 

で、実際に食らったペナルティは・・

 

スクリーンショット 2017-02-01 0.30.48

 

で、35点なので・・

 

スクリーンショット 2017-02-01 0.28.48

ジャジャジャジャーン・・違約金10万円・・。

マジすか・・。

本当に請求されんだ・・。楽天厳しいなぁ。

10万円の利益作るのにどんだけ売らないといけないか・・。

これが楽天のやり方なのか〜

と一通り怒りをぶつけて、ECCに

 

「一体いままで何百社違約金払ってるんですか?」

 

と聞いた所、驚愕の結果が・・・。

 

ECC:「2ケタいかないです。」

 

壱号機:「え・・・。マヂ・・」

 

 

まさかのレアケース。

 

ちなみに、ペナルティの前に修正依頼が

飛んできました・・。が、時すでにお寿司。

 

その修正を爆速で行っても・・・。結局ペナルティを

課されました・・。

 

ちなみにですが、引っかかったのは薬事部分です・・。

薬事系の商品を扱っている店舗さんは今一度、薬事チェックを

されたほうがいいと思います。

 

こんなので、10万円払ってしまうのは。。本当にもったいない・・・。

 

てか、やっぱり違約金って、、、楽天、エゲツネーな〜・・・。

楽天税もスゴイのに・・・。

 

皆さまお気を付けて・・。

 

んちゃ!五号機です!

先日futureshopさん開催セミナー『E-COMMERCE MEETS LINE.』に参加してきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ECの戦略はプロモーション戦略からコミュニケーション戦略へ」
 

をテーマに、LINEをとりまく環境やEコマースにおけるLINEの重要性、
またLINEのOfficial Web Appの可能性に、ECのさらなる発展について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは本当に参加してよかったです・・・!
 

以前もブログで、futureshopとLINEアカウントが連携可能になった件について
 

触れたことがありましたが…
全然わかってなかったな…ごめんなさい。。
http://c-rocketz.com/ec/ecpost-399.html

 

このセミナーではたくさんのことを学べたので、
とても1記事じゃまとめられないよう!ということで、
何回かに分けて細々書いていこうと思います。
 

今回はその第一弾ということで、
そもそもなぜ今ECでLINEが注目されているのか?
という導入のところをば。
(文字ばっかりです。ごめんなさい)
 

▼まずはこちらをご覧ください!
スマホとアプリの仕様状況を数字で見てみると
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・スマホの消費時間の72%はアプリの仕様時間
・1ヶ月に10個以上使われるアプリ(普段使いされる)は平均9個
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

この数字から見えるのは、
普段使うアプリはほとんど固定されていて、
新しいアプリをダウンロードして、長く使ってもらうのは難しい、ということ。

 

一時期自社サイトのアプリを作ることが流行っていましたが
いまいち普及しなかったのはこの背景があると考えられます。

つまり、ECにおいても、普段使われているアプリと連携させていったほうが
使い勝手がいいということが見えてきます。

 

そこで出てくるのが「LINE」です!
いまや20代〜50代のLINE利用率は約90%と言われています。

 

(最近の10代の子はPCがあまり使えない子が多いとか…
そんな世代が大人になったら、と考えたら・・・ちょっとがくぶるです。)

 

脱線しました。

さて、

 

そんなLINEをECの販促に使わない手はない!ということですね。
LINEマーケティングの特徴は何と言っても「無視されにくいこと」
通知のところに入っていたらたしかに見ちゃいませんか…?

 

最初は実店舗限定で始められたLINE@のサービスが
たしか2015年頃に実店舗を持たないECサイトなどにも開放されてから、
販促ツールとしてすでに多く活用され始めています。

 

これまで販促の代表といえばメルマガでしたが
LINEの送客率を比較して見ると・・・
 

ーーーーーーーーーーーーーーー
【メルマガ】
・平均開封率:10〜20%
・クリック率:2〜3%
 

【LINE】
・平均送客率約30%
ーーーーーーーーーーーーーーー

 
!!
 

この数字には衝撃でした!!

 

メルマガなんて、書くのに最低30分くらいかかるのに、
LINEの配信なんてものの10分くらいです。
 

・作るのが簡単!
・効果が早い!
・送客率が高い!
 
これがLINEの大きな特徴じゃないでしょうか。

 

ただ、送る側からするとお手軽で都合がいいですが、
届く側のことに配慮しないとブロックされるのもまた簡単なので、
配信回数には気をつけないといけません。
 

一応目安としては、
・月2回くらい
・多くても月4回
がいいそうです。

 
ただし、配信回数が多くなっちゃっても、
SALEとかお客様にとって有益な情報だった場合は
ブロック数がそこまで増えなかったという声もありました。

 

メッセージ配信だけじゃなくて、
タイムライン投稿も合わせて織り交ぜていけばよさそうです。

 

自社サイトをお持ちの店舗さんには
今後LINE@の活用の提案もどんどんしていきたいなとメラメラ燃えた5号機でした…!

 
すでにLINEの運用をお手伝いさせている事例もありますので、
そういったご相談もお待ちしております!
 

「で、お友達ってどう増やすのさ?」
「結局futureshopとの連携で何ができるのさ」

 
ってところまでたどり着けなった。。。
けどとりあえず今日のところはこのあたりで!
 

あ、メルマガもメルマガで利点はあるので、
それを全くやめていこう!という話ではないです。

 

それでは、今日はこの辺で。
ばいちゃ〜

んちゃ!五号機です!

 

最近「ボタニスト」シャンプーで有名な

かのSALONIAさんがサイトをリニューアルしたという噂を聞きつけ

ページを覗いてみると・・・

 

ぼたにすと0

 

チ ャ ッ ト で す っ て ! 奥 さ ん !
 

最近流行りのあれがついに楽天の店舗でも登場したんですね!
気になるすぎて、思わずはなしかけてみちゃいました!

 

ぼたにすと1

 

おぉおおおおなるほど・・・!
 

これは便利かも!

 

ページではわからないことを今すぐ聞きたい!と思った時便利ですね。

電話が嫌いな私としてはありがたいことこの上なしです。

今後導入してくる店舗さんは増えてくるのでしょうか。

これからの動きが気になります。

 
 

▼ちなみにこのチャットサービスの運営元はこちら

『Zendesk Chat(ゼンデスク チャット)』 さん

https://zopimjp.com/

 

30,000社以上に導入されているんですね!

(2016.11.16時点)

これはすごい!

 

一個気になったのが、これは外部リンク扱いにならないのか?ということ。

SALONIAさん規模の会社さんだとすぐ楽天の目に留まるはずなので、

ここまで堂々とやっているということはオフィシャルなのでしょうか。
 
 
▼TOPページには「楽天」のロゴが
 
楽天

 

ということで、楽天ECCに聞いてみたところ

”コンプライアンス的に大丈夫ですよ! 今後楽天として推奨していく予定です!”

との回答が!!

 

おぉおおおおおお!
これは今後ますます導入する企業が増えそうな予感!

 

ちなみに。
 

知人が話しかけてみたところ

ぼたにすと

… 誤 字 !

 
中はちゃんと人間のようです。

 

本日はこのあたりで。
ばいちゃ〜〜

んちゃ!五号機です!

今日は本当にメモ程度にさらさらっと…

楽天の店舗ロゴを変える時はここだっ!
 
・画像管理 > 店舗ロゴ管理

 
blog_161014

(↑毎日目にしているはずなのに完全にスルーしていた…)
滅多に変更することがない箇所なので、ついつい忘れちゃいますよね。

 

【必要画像とサイズ】
・正方形ロゴ →縦960px × 横960px
・長方形ロゴ →縦160px × 横960px
・イメージ画像→縦960px × 横960px

(960×960ってでかくね・・・?←心の声)

 

【掲載される場所】

・購入履歴一覧
・閲覧履歴商品一覧
・閲覧履歴ショップ一覧
・お気に入り商品一覧
・お気に入りショップ一覧
・ショップ一覧
・商品価格ナビ(旧:楽天プロダクト)製品ページ
・おすすめショップパーツ(注文完了画面、ほか)
 
などで表示されるので、
ロゴを変更した際は忘れずに登録せねばですね!
 

詳しくは楽天のマニュアルでどうぞ〜

 

 

昨日五号機は途方にくれた。

 

すっかり見慣れた

 

楽天スマホの仕様が

 

変わっとるやないかーーーーっ!

 

 

 

20160930011653

スマホページの一番下の部分と言えば、
イベントの告知や、クーポンへ誘導するバナーを設置する店舗が多いですよね。

 

新しいカートボタンのおかげで

 

 

blog160930_2

 

 

一生懸命出したバナーも

 

 

blog160930_3

 

 

隠 さ れ る 。 泣

 

 

orz

 

 

ちょっとしつこいと感じるのは私だけでしょうか・・・
購入へ進めという圧がすごいですね。

 
いや、これで売上が上がってくれるなら大歓迎なんですが
この変化でどう数字が変わってくるのか気になります!
 

一応商品説明とかが終わったら消えてくれるので
独自で設定していたバナーも箇所によっては表示されてくれるみたいですが。
 

弊社でも販促に多用していた箇所なので
ここ潰されるとちょっとつらいですねー

 

明日からマラソンなのに > <

 

なんの解決策もないままとりとめなく記事を書いてしまいました。
またかいくぐり方法や
上手な店舗さんを見つけたら紹介しようと思います!

 

それでは今回はこの辺で。
ばいちゃ〜〜

弐号機です。

 

最近お仕事をさせていただいている食品を販売している店舗様のご紹介です。

男のおかず屋TOP

先日までは、主婦向けのページになっておりましたが、顧客や販売している物が

男の心に響く物ばかりで、、無理に提案させていただいて、店舗名まで「男」を入れさせて

頂きました。

 

この手羽先からあげ美味しいんです!

そして結構量が多いんです!

男の手羽先

4個目は君だ!的なのりで作らせて頂きました。

男性の事を考えて、揚げ物した後の油の処理方法など考えた事もないと思い。

固めるテンプルを無理言ってキャンペーンで付けてもらってます。

 

始めは商品と一緒に固めるテンプルも冷凍で送りたくてですね、

メーカーに電話して、

「固めるテンプルは冷凍しても使えますか?」

カスタマーの方「へぇ?・・・」

自分「・・・??」

カスタマーの方「担当に確認してみます・・・・・・」

 

(1週間後折り返しいただいての回答が)

 

メーカーの担当者「冷凍しても使えない訳ではないようです、ただ冷凍で付いた水が油に入れると油が飛び散るので、十分に解凍してから使って下さい。」

 

とのこと・・・

 

そりゃーそーーですよねーーー!

聞かずとも分かる部分です、、、

メーカーの方は大変丁寧に調べていただいたようでして、大変悪い事をしたなと。

 

という事で、固めるテンプルは別送で送って頂いております。

是非この機会に男の手羽先唐揚げを食べて見てください!

一瞬で手羽先を食べれる裏技も動画にしていただいています。

 

そして

第2段を現在作成中で、お買い物マラソンまでにはお披露目出来るかと、

ちょっと先にお伝えすると

 

モテる!食べ物です!

肉巻きサムネイル

そう!モテるんです!

もっちもちの米と肉に絡まり付く芳醇なタレがぁぁぁ

(お腹が空いてきたのでこの辺にしておきます。)

 

商品ページを見ながら色々考えているだけで

どんどんお腹が減ってくる店舗様です。

お昼時や夜に見ているとそれはもう、拷問です、、、

 

実際にこの店舗様のヘビーユーザーになってしまっております。

 

男のための男による男が喜ぶ店舗様になっていただけるように

これからも頑張って参ります!

 

んちゃ!5号機です!
スーパーSALEだなんだでばったばたしておりました。

 

え?コンサルロケッツさんってスーパーSALEの時何してくれるのかって?
そりゃあ、もう、売れるとあれば
な ん で も し ま す よ !!

 

・企画考案
・入稿
・クーポン類の設定
・サーチ登録
・特設ページの制作
・バナーでの飾り付け
・メルマガ配信

 

ど や ー ー ー っ !!

 

やるだけやったら、あとは「売れろ売れろ!」と念を込めています。
(結局それかよ)

 

いいのか悪いのか、やっぱり店舗さんによって企画が当たったり当たらなかったり…
商材と季節にもよりますし、
企画の内容にもよりますし、
正解がないこの世界。一筋縄ではいきません。
日々反省を踏まえて次はもっっと売れるように頑張ります!!

 

さてさて。

今日書きたかったのはそんなことじゃないんですよ。実は…

 
9月と言えばあれです。
前回楽天様からお達しがあった「項目選択肢画像」を入れている店舗が
サーチで有利になるとかいうあれです。
→前回の記事でもうちょっと詳しく書いているので、詳しくはこちら
 
要は、「ワンピース」の「赤」タグで検索したら、
本当にサムネイルが赤いワンピばっかりになってくれるのか、の検証です。
 
これまでだと、赤のカラバリはあるけどメイン画像が黒とかで
結局わけわからん・・・みたいなトラップがあったのが
カラーごとに画像を登録することで検索しやるくなるんだぜ!
ということのようです。

 
▼前回記事を書いた2016.8月時点ではこんな感じ

赤ワンピ

まだ、入れてるところはちょっとでしたね。

 

▼そして、今回2016.9月13日のキャプチャがこれ
レッド検索_01
レッド検索_02
レッド検索_03
(え?なんで赤ワンピかって?そりゃあ5号機が赤が好きだから・・・!←)
 
ざざっと見た感じ、前回が2割くらいだったのに対し、今回は5割くらいに増えた気がします!
みんな頑張っているんですね・・・!(尊敬のまなざし
 

で、肝心の検索の優先順位ですが・・・
一位から平置き画像じゃないあたり萎えましたw
さすがにいきなり一位にしてくれるわけじゃないんですね…!
(個人的に5番目の赤ずきんドレスが気になりすぎます。なぜこんな上位に…)

 

2ページ目以降も見てみたところ、
〜4ページ目くらいまでは旧タイプVS平置きがだいたい6:4くらい、
5ページ目以降になると、平置き画像が徐々に減ってくる印象です。
→噂の赤ワンピ検索はこちら
と、いうことは!

 

一位とまでは行かなくても、平置き画像を登録していると割りと
上位にしてくれている…かもしれないですね!

今後の動きはどうなってくるかわからないので、
素直に楽天様の言うことを聞いておくと吉だと思われます。

 

某店舗の知人にどうしているか聞いてみたところ、
画像作りなおして、あとは社内SEにどうにかしてもらったんですと。

 

社内SE・・・
なんていい響きなんだ・・・

 

そんな魔法使いがいないところは地道にコツコツやるしかないですね…!
くぅ〜〜っ

しかし検索と言えば、アクセス数を握る重要な鍵なので
落とすわけにはいかないですねー!

 

検索画面の変化について、また動きがあればお届けしようと思うので、
懲りずにお付き合いいただけると幸いです!

 

無駄に長くなってしまいましたが(画像が
今回はこの辺で!
 
ばいちゃ〜〜!
 

ロケッツ弐号機です

最近みんなで話していて、

「コンサルロケッツの特徴は?」

という議題に対して、

現在においての最適な解を考えていました。

 

その中で出てきた1つの解答が

 

こ れ だ!

コンサルロケッツの特徴

以上です。

んちゃ!5号機です!
 

先日、楽天ファッションジャンルでばんばか売れている某店舗から
とあるクーポンが届きました。
 

その名もシ◯デ◯ラクーポン。

LINE

 

なななんと!
4時間限定で【店内全品】に使えるんですと・・・!
 
何がすごいかって、
この、秋服の立ち上がりの時期というと、
わざわざ値下げしなくても売れるんですよ。
(みんな夏服にもSALEにも飽きてる時期ですからね。)
 
そんな時期に
なぜ
あえて
新作まで巻き込んでクーポンなんか配っちゃうんだろう・・・
 
店舗にいた頃はさっぱり理解できませんでした。
 

その理由を噂で聞いたところによると

あえて立ち上がりの時期にクーポンを配ることで
お客様への新作購入を促して
「どの商品」の「どの色」「どのサイズ」が人気なのか、反応を見て
リオーダーの目安にするんだそうです。
 

秋冬の在庫消化の目安、売上の目安をこの4時間の動向で見ようというわけですね。
そもそもこの時期にしっかり秋冬の新作が出揃っている前提じゃないと成立しない企画。
しっかりと計画立てて実施されて様子がうかがえます。
 
 
賢いなぁああああ!!!!!

 
 

今は8月末。
他のファッションジャンルの店舗がまだまだサマーSALEだクリアランスSALEだで
必死で夏物を売りさばいているのに対し、
この店舗さんはそんなことどこ吹く風、
早々に秋冬のリリースをしていました。

 
 

この店舗さんの戦略には毎回脱帽です。

 

さすがSOY受賞店舗さん、見習うところばかり。

 
 

この企画のミソは「4時間限定」と
極短時間に絞って行うことだと思います。
 
特別感を演出することで、よりお客様が集中しやすい状態になるのではないかと。

 
 
いつもクーポンを配っていたりSALEをしていると
値下げをしないと売れないお店になってしまいますが、
通常時はそういった無駄な値下げはせず、しっかり定価で売れるって素晴らしいですね。
(実際そういうお店も多いと思うんです・・・難しい・・・)

 
 

とりあえず今回はこの辺で。
ばいちゃ〜

 

んちゃ!5号機です!

ここ最近amazon、zozotownとLINE IDを連携してみて
その威力にびっくしている5号機です。
 
何がすごいかって、
zozoさんの場合、
 
・裏セールのお知らせ
・クーポンのお知らせ
などはお友達登録するだけで届くんですが、

 

ID連携をするとそれに追加で
・お気に入り商品の再入荷
・在庫残り1点

 

など、各会員に合わせてピンポイントにほしい情報を送ってくれるんです!
在庫残り1点のお知らせなんかもう高確率で押しちゃう、のち買っちゃう!という罠です!
本 当 に こ れ は す ご い !
 
LINE連携
↑こんな感じです。
 

楽天とかでもこれできたらすごいのにな〜〜〜と思っていた矢先、
(楽天でLINEのお友達集めるのなんてご法度です。やってるとこ多いけど)
 
futureshopでLINEアカウント連携機能リリースのお知らせが・・・!
 
(わくわくどきどき!)

 

以下、futureshopのリリース内容より引用
LINEの「Official Web App」オプションについて(futureshopサイトへ)


LINEの「Official Web App」オプション
機能の3つのポイント


【1】自社EC会員のIDとLINEのアカウントを連携可能
【2】IDを連携した会員に対して、自社ECの購買履歴や会員情報をもとに、
LINEでメッセージ配信が可能
【3】ID連携した会員に向けて個別のメッセージが配信できるため、
密接なコミュニケーションを実現


ふむふむ。

 

例えば、
・LINE会員限定のシークレットSALEの告知
・VIP会員にだけ贔屓したイベントができたり
(購入回数◯回以上とかですね)
・逆に、初心者さんにだけクーポンをあげたりもできるのかな?
楽天のサンキュークーポンのLINE版みたいなのができたら楽しそう
・特定商品を購入した人にだけアプローチしたり。
例)去年昨年クリスマスケーキを購入した方限定で今年は先行予約受付

 
↑「あなただけだけ」の特別感を演出すると、
 大衆的にアプローチするよりも反応がよさそうですね。
 
できることの内容としては、
RMSのセグメントに近いイメージでした。
(ん?セグメントよくわからない、という方のために、また今度それはそれで記事にしますね!)
 
 

ふむふむ。

 

個人的な感想としては、

 

す ご い !

 
けど、

 
惜しいな・・・

 

話の冒頭に戻ると、
zozotownみたいに
 

・売り切れ商品の再入荷お知らせ
・お気に入商品が値下げ、ポイントUPした時のお知らせ
・チェックした商品が残り◯個になりました!のお知らせ
 
といった機能が出るとさらに効果が望めるのではないかと思いました。

  

しかしそこはfutureshopさん。
常に機能改善や新機能リリースなどを早いスピードで対応してくださっているので
今後さらにできることが増えるのではないかと勝手に期待しています!
 

以前はメルマガ!メルマガ!ばっかりだった販促も
時代とともにどんどん変わっていくんですね。

 

ちなみに、
futureshopでのオプション費用は
ーーーーーーーーーーーー
・初期費用 なし
・月額費用 3,000円
ーーーーーーーーーーーー
リリースキャンペーンで
2016年12月末までは月額無料のようです!

 

この機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか。
すでにアカウントを登録している店舗さんでも大丈夫みたいです。
詳しくはfutureshopのサイトにて
LINEの「Official Web App」オプションについて(futureshopサイトへ)

 

 

ちなみに。
ECとはちょっと違う話になりますが。
 
ヤマト運輸さんのLINEIDとクロネコIDを連携すると
配達予告や時間変更依頼、再配達依頼など
LINEの画面からちゃちゃっとできちゃってかなり助かっています!
(ネットショッピング中毒ゆえ荷物が届く届く・・・w)
 

気になる方はぜひお試しあれ〜〜

 

今後の動きにも注目しつつ、本日はこのあたりで!
ばいちゃ〜

ページの上へギュイーンと!